家庭医療と痛みの診察室

家庭医療と痛みの治療を中心に、調べたことや感じたことをアップしていきます。

月経困難症に対して耳介指圧が効果的

月経困難症に対する耳介指圧の効果。無作為化比較試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

Kong X, Fang H, Li X, Zhang Y, Guo Y. Effects of auricular acupressure on dysmenorrhea: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Front Endocrinol (Lausanne). 2023 Jan 5;13:1016222. doi: 10.3389/fendo.2022.1016222. PMID: 36686444; PMCID: PMC9851274.

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

背景

 耳介指圧(AA)は月経困難症の治療に広く用いられているが、月経困難症に対する耳介指圧の安全性と有効性はまだエビデンスに基づく根拠が乏しい。

目的月経困難症に対する耳介指圧の効果をメタアナリシスで評価することを目的とした。

データソース

 PubMed, Embase, Cochrane Central Register of Controlled Trials (CINAHL), Weipu (CQVIP), China National Knowledge Infrastructure (CNKI), Wanfangデータベースの6つの電子データベースで、開始日から2022年6月10日までに発表された研究を検索し、系統的な検索を実施した。

研究の選択

 月経困難症に対するAAの有効性を検討した無作為化対照試験(RCT)を特定した。

データ抽出と統合

 対象研究のデータ抽出と質的評価は、2名の査読者が独立して行った。結果は、平均差(MD)、標準化平均差(SMD)、またはランダム効果モデルによるオッズ比(OR)を用いて効果指標を決定するために抽出された。

主なアウトカムと測定法

 治癒率,全有効率,visual analogue scale(VAS)を主要アウトカムとして記載し,Short-form Menstrual Distress Questionnaire(MDQs),症状スコア,血清一酸化窒素(NO)値,有害事象を副次アウトカムとして記録した。

結果

 3960人の参加者を含む35のRCTが本研究に含まれた。

 その結果,全体として,AAは治癒率(OR = 1.95, 95%CI: [1.34, 2.83], P=0.0004, I2 = 75%),総有効率(OR = 3.58, 95%CI: [2.92, 4.39], P<0.009, I2 = 75%)において有意に有益とされた。39], P<0.00001, I2 = 67%), VASスコア(MD = -1.45, 95%CI: [-1.73, -1.17], P<0.00001, I2 = 67%), 症状スコアを対照群に比べ( SMD = -0.85, 95%CI: [-1.28, -0.43], P<0.0001, I2 = 91%) と比較した.

 しかし、血清NO(SMD = 0.77, 95%CI: [-0.39, 1.92], P = 0.19, I2 = 89%)とMDQs(SMD = -0.58, 95%CI: [-1.26, 0.10], P = 0.10, I2 = 79%)については両群間に差は認められなかった。

 さらに,サブグループ解析の結果,AAは鎮痛剤投与群および非投与群と比較して,治癒率および全有効率の増加,VASスコアおよび症状スコアの減少に有意な優越性を示した.

 また、他の治療法との併用療法においても、同様の優位性を示した。

 しかし、漢方薬鍼灸、漢方外用薬、灸、耳介針、健康教育などの治療法と比較すると、AA単独ではこれらの効果は検出されなかった。

結論

 安全性の高い治療法として,AAは月経困難症の管理に有効であり,治癒率,総合有効率,VAS,症状スコアの向上が認められた。

 しかし、血清NOおよびMDQsは有意な改善を示さなかった。

 さらに、AA単独使用は、鎮痛剤および無介入に比べ、治癒率、総合有効率、VAS、症状スコアにおいて優れることがわかった。

 さらに、AAが他の治療法の補助的な戦略として機能する場合にも、同様の優越性が観察される。

 しかし、AA単独では他の療法と比較して効果が少なく、月経困難症患者に対するAAのプラセボとの比較では、明確な結論は出ていない。

 これらの知見を確認するために、盲検法とプラセボ対照の厳密なRCTが必要である。

 

系統的レビュー登録: https://www.crd.york.ac.uk/prospero/, 識別子 CRD42022338524.

キーワード:耳介指圧、月経困難症、月経痛、メタアナリシス、レビュー。

 

所感

 月経困難症に対して耳介指圧が効果的なようです。

 

がんサバイバーにおける痛みとしびれに対する治療法の有効性

がんサバイバーにおける痛みとしびれに対する治療法の有効性:系統的レビューとメタアナリシス

Abe H, Inoue R, Tsuchida R, Ando M, Saita K, Konishi M, Edamura T, Ogawa A, Matsuoka Y, Sumitani M. Efficacy of treatments for pain and numbness in cancer survivors: a systematic review and meta-analysis. Ann Palliat Med. 2022 Dec;11(12):3674-3696. doi: 10.21037/apm-22-420. Epub 2022 Nov 18. PMID: 36408559.

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

背景

 がんサバイバーにおける痛みやしびれは、生活の質(QoL)に悪影響を及ぼすことが多い。このメタアナリシスは、がんサバイバーにおける痛みやしびれに対する現在の治療法を明らかにし、その効果を評価することを目的としている。

方法

 がん サバイバーは、積極的ながん治療が終了し、病状が安定していて、再発または進行性疾患の証拠がない、がんと診断された患者と定義された。

 PubMed、MEDLINE、Embase、Cochrane Central Register of Controlled Trials、Web of Science、PsycInfo、およびCINAHLデータベースによる系統的検索を実施し、2022年4月まで発表された、がん生存者の疼痛またはしびれに対するあらゆる種類の治療を評価したランダム化比較試験(RCT)を対象とした。

 ランダム効果モデルを用いてメタ解析を行い、オピオイド療法、非オピオイド薬物療法、介入療法、鍼灸、教育/認知行動療法(CBT)、身体運動、代替医療の7種類の治療法の効果量を求めた。

結果

 2,870人のがんサバイバーが参加した計36件の研究が対象となった。そのうち35件(n=2,813)が痛みに関するメタ解析に含まれた。

 解析の結果、身体運動[n=761; 13件;標準化平均差(SMD)-0.84;95%信頼区間(CI): -1.14~-0.55], 針治療[n=409; 3件; SMD -0.80;95% CI: -1.04~-0.56], 代替医療[n=206; 6件; SMD -0.44;95% CI: -0.71~-0.16] によって、痛みが著しく軽減することが示唆された。

 非オピオイド薬物療法と教育・CBTは、有意な効果を示さなかった。

 オピオイド療法や介入療法の痛みに対する効果を検討した研究は確認されなかった。

 しびれに関しては、5つの研究(n=566)がメタ分析に含まれた。鍼治療(n=99、2試験)はしびれに対する有意な効果を示さず、非オピオイド薬物療法、教育・CBT、身体運動の効果は、含まれる試験数が少ないため判断できない。

 オピオイド療法、介入療法、代替医療のしびれに対する効果を検討した研究は確認されなかった。

結論

 このメタアナリシスでは、身体運動、鍼治療、代替医療ががん生存者の痛みを軽減する可能性が示唆され、そのエビデンスはごくわずかか中程度であった。

 しびれに対する治療の効果は、含まれる研究数が限られているため、判断できなかった。特に、広く用いられている薬物療法については、さらなる研究が必要である。

キーワード: メタアナリシス、がんサバイバー、しびれ、痛み、治療。

 

所感

 がんサバイバーの痛みに対しては運動療法、鍼治療、代替医療が有効なようです。しびれに対しては残念ながらハッキリしませんでした。

 

ボトックス治療は慢性片頭痛に対して効果的

慢性片頭痛の予防的治療に対するonabotulinumtoxinA(BOTOX®)の有効性。10年間のリアルワールドデータのメタアナリシス

Lanteri-Minet M, Ducros A, Francois C, Olewinska E, Nikodem M, Dupont-Benjamin L. Effectiveness of onabotulinumtoxinA (BOTOX®) for the preventive treatment of chronic migraine: A meta-analysis on 10 years of real-world data. Cephalalgia. 2022 Dec;42(14):1543-1564. doi: 10.1177/03331024221123058. Epub 2022 Sep 8. PMID: 36081276.

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

背景

本メタ解析では、2010年に慢性片頭痛に特化してFDAから承認された初の予防治療薬であるonabotulinumtoxinA(BOTOX®)の実世界での有効性について評価した。

方法

2010年1月1日から2021年3月31日までに発表された慢性片頭痛におけるonabotulinumtoxinA観察データを系統的にレビューした。

ランダム効果モデルにより、onabotulinumtoxinAの主要臨床試験で定義された主要および副次的なエンドポイントについて、約24週および52週時点の利用可能なデータを評価した。

結果

全文掲載の適格試験44件(プロスペクティブ29件,レトロスペクティブ13件,その他2件)のうち,オナボツリヌムトキシンAのベースラインからの変化(平均値[信頼区間])を,それぞれ24週間と52週間において,次のように評価した7件があった。

(-10.64 [-12.31, -8.97]; -10.32 [-14.92, -5.73]); 1ヶ月あたりの急性頭痛薬摂取日数(-7.40 [-13.04, -1.77]; 52週でCI重複);Headache Impact Test-6 total score(-11.70 [-13.86, -9.54]); -11.80 [14.70, -8.90]); andMigraine-Specific Quality-of-Life v2.1 score(MSQ; 23.60 [CI: 21.56, 25.64]; 30.90 [CI: 28.29, 33.51])).

24週間後、オナボツリヌムトキシンAは、片頭痛障害評価スコアの合計が44.74 [28.50, 60.99] 、片頭痛日数の50%以上の減少が46.57% [29.50, 63.65%]であることが示されました。

試験終了時の感度分析では、MSQに対するオナボツリヌムトキシンAの効果の持続性が示唆されました。

結論

実臨床を反映したメタアナリシスにより,慢性片頭痛予防治療におけるオナボツリヌストキシンAの極めて重要な長期非盲検試験から得られたエビデンスを広く裏付けた.

キーワード:BOTOX®, メタアナリシス,慢性片頭痛,有効性,onabotulinumtoxinA,予防,予防薬,リアルワールドデータ,リアルワールドエビデンス

 

所感

ボトックス治療は慢性片頭痛に対して効果的なようです。

筋筋膜性疼痛症候群に対する虚血性圧迫の効果

筋筋膜性疼痛症候群に対する虚血性圧迫の効果:システマティックレビューとメタアナリシス

Lu W, Li J, Tian Y, Lu X. Effect of ischemic compression on myofascial pain syndrome: a systematic review and meta-analysis. Chiropr Man Therap. 2022 Sep 1;30(1):34. doi: 10.1186/s12998-022-00441-5. PMID: 36050701; PMCID: PMC9434898.

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

背景

 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)は、トリガーポイント(筋肉内の緊張帯)により特徴づけられる局所的な痛みと関連痛を伴う疾患である。

 虚血性圧迫は非侵襲的な手技療法であり、過去数十年にわたりMPSの治療に用いられてきた。しかし、このトピックにはほとんど注意が払われていない。

目的

 本レビューは、記述的システマティックレビューとメタアナリシスを行い、MPSに対する虚血圧迫の効果を推定することで、筋筋膜性疼痛症候群に対する虚血圧迫の有効性を探ることを目的としたものである。

方法

 プラセボ、偽薬、または通常の介入に対して虚血圧迫を受けた筋筋膜痛の被験者を対象とした無作為化対照試験(RCT)に関する系統的レビューとメタ分析。

 5つのデータベース(PubMed, The Cochrane Library, Embase, Web of Science, Ovid)を、入手可能な最も古いデータから2022.1.2まで検索した。

 統計には標準化平均差(SMD)および95%信頼区間(CI)を用いた。含まれるRCTの質を評価するためにCochrane risk of tool 2(RoB 2)のバージョン2を使用した。

結果

 17件の研究がシステマティックレビューに含まれ、15件の研究がメタ分析に含まれた。

 圧痛閾値(PPT)指標については、11の研究と427人の被験者が、治療後に対照と比較して統計的に有意な差を示した(SMD = 0.67, 95% CI [0.35, 0.98], P < 0.0001, I2 = 59% )。

 視覚的アナログスケール(VAS)または数値評価スケール(NRS)の指標については、7つの研究および251人の被験者が、治療後の虚血性圧迫とコントロールの間に有意差がないことを実証した(SMD = - 0.22, 95% CI [- 0.53, 0.09], P = 0.16, I2 = 33%)。

結論

 虚血圧迫は、保存的かつ非侵襲的な治療法として、MPS被験者において不活性対照と比較して痛みに対する耐性を高めるだけであった。

 さらに、自己申告による痛みに対する有益性のエビデンスはなかった。現在対象としている被験者の数が比較的少ないため、今後の研究によって結論が変わる可能性がある。今後、より多くの被験者を対象とした大規模なRCTが重要になると思われる。

キーワード 虚血性圧迫;手技療法;マッサージ;筋・筋膜性疼痛;トリガーポイント

 

所感

 筋筋膜性疼痛症候群に対する虚血圧迫法は、あまり効果が無いのではという結論です。以前の報告では有益性が認められたというものもありましたので、今後の研究を注視していきたいと思います。

人工膝関節全置換術後の疼痛コントロールのための内転筋管ブロックと大腿神経ブロック

人工膝関節全置換術後の疼痛コントロールのための内転筋管ブロックと大腿骨神経ブロック。システマティックレビューとメタアナリシス

Hasabo EA, Assar A, Mahmoud MM, Abdalrahman HA, Ibrahim EA, Hasanin MA, Emam AK, AbdelQadir YH, AbdelAzim AA, Ali AS. Adductor canal block versus femoral nerve block for pain control after total knee arthroplasty: A systematic review and Meta-analysis. Medicine (Baltimore). 2022 Aug 26;101(34):e30110. doi: 10.1097/MD.0000000000030110. PMID: 36042669; PMCID: PMC9410636.

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

背景

 大腿神経ブロックは、オピオイド系鎮痛剤の使用量を減らし、入院期間を短縮できることから、広く受け入れられている神経ブロック法であるが、大腿四頭筋の筋力低下を引き起こす可能性がある。

 内転筋管ブロックは、大腿神経ブロックよりも可動性や筋力面で優れている可能性があり、現在注目されている神経ブロック法である。

方法

 膝関節全置換術後の疼痛コントロールとモビライゼーションに関して、大腿神経ブロックと内転筋管ブロックを比較することを目的とし、33の研究の系統的レビューとメタアナリシスである。

結果

 内転筋管ブロックは大腿四頭筋の筋力をよりよく保存し(MD = 0.28, 95% CI [0.11, 0.46], P = .002)、術後2日目までの可動性をよりよくすることが示された。

 しかしながら、術後2日までの疼痛コントロール(MD = 0.06, 95% CI [-0.06, 0.17], P = .33)またはオピオイド消費(SMD = 0.08, 95% CI [-0.06, 0.22], P = .28)に関する2つの介入間の有意差はみられなかった.

 内転筋管ブロックのより良い動員結果は,転倒のリスクや患者の満足度には有意差はなかった;

 しかし,内転筋管ブロック患者は,大腿神経ブロック患者よりも平均在院日数が少なかった.

結論

 大腿神経ブロックと内転筋管ブロックは、疼痛コントロールオピオイドの消費量に関して同様の結果が得られるが、内転筋管ブロックは大腿四頭筋の筋力とモビリゼーションの保存が良く、大腿神経ブロックよりも有利であった。

 

所感

 人工膝関節全置換術後の疼痛コントロールのために、大腿神経ブロックより内転筋管ブロックの方が良さそうです。

 

www.nysora.com